2016

APR27

TRAINING

デサント アドバイザリースタッフ<佐藤琢磨選手>情報!

いつも、デサントアドバイザリースタッフ 佐藤琢磨選手の応援、ありがとうございます!
今シーズン第4戦、アラバマのレースレポート(予選 :4月23日 決勝:4月24日)をお届けします。

佐藤選手のコメントや、さらに詳しいレースの模様などは、ぜひ佐藤琢磨選手オフィシャルサイトをご覧ください!
https://www.takumasato.com/

序盤のコースオフで順位下げるも、早目のピット作戦で13位

インディカー・シリーズ第4戦は、アラバマ州バーミンガムのBarber Motorsports Parkにて1周2.3-mileのコース90周で戦われました。

金曜日に行われたプラクティスでは、セットがうまく路面とマッチしたのか佐藤選手とチームメイトのフォークスワースが1、2を独占!
しかし、土曜日のプラクティス3ではタイムを伸ばすことができませんでした。午後4時からの予選、佐藤選手はセットを変更してグループ2でのアタックに臨みましたが、路面温度が大幅に上昇。
それにマシンが対応できず、予選ラウンド2に進出ならず、決勝は16番手からのスタートとなってしまいました。

現地時間午後2時半過ぎから行われた決勝、1回目のスタート直前でムニョス選手をきっかけにアレシ選手、フォークスワース選手がコースから外れ、再スタート。
2回目のスタートも隊列が整わず、3周目にようやくグリーンフラッグとなりました。

佐藤選手はイン側の混乱を避けようとアウト側からパッシングを目指しましたが、バランスを崩してコースオフしてしまい、順位を大きく落としてしまいました。

チームと佐藤選手はこのままではペースが上げられないと判断しピットウィンドウぎりぎりでピットイン。1回目のピット作業を迅速に済ませ、第2スティントでは12位まで浮上!その後レースはコーションが全く出ず、佐藤選手は燃料をセーブしながら走行を続けましたが
大きな動きはなく最終的に13位でチェッカーを受けました。

CATEGORY : ALL
YEAR : ALL
MONTH : ALL