ATHLETE VOICE

BASEBALL

SADAHARU OH
福岡ソフトバンクホークス取締役会長
姿勢がしゃんとして、
気持ちが前向きになります。
腰を痛めたことがあったのですが、その時、骨盤の重要性を再認識しました。まず、骨盤を整えてから筋肉をトレーニングする。これがとても大切なことで、身体のバランスが良くなっていくし、とにかく姿勢がしゃんとするんです。そうすると、気持ちも明るく、前向きになりますね。

BASEBALL

KAZUKI YOSHIMI
中日ドラゴンズ
下半身の“タメ”ができ、
安定した力強いピッチングができます。
膝ベルトを装着する事でヒザに意識がいき、下半身の「タメ」を作れるような感覚があります。ブルペンではあえてベルトを装着せずに、ゲームのみで装着する事で投球練習時になかった安心感が持て、力強く思い切った投球ができます。また投球動作で左足を上げた際、足のバランスが崩れずフラットな状態をキープできるのは、膝ベルトを装着しているおかげだと思います。

VOLLEYBALL

MEGUMI KURIHARA
日立リヴァーレ
負担が軽くなり、
プレイに集中できます。
コウノエベルトの骨盤用は、販売当初からずっと愛用しています。一時期、腰まわりが気になっていたのですが、今では身体のバランスが整い、プレーに集中することができます。飛行機やバスなどでの長時間の移動も、着用していると疲れ方がちがいます。

SOFTBALL

YUKIKO UENO
ビックカメラ高崎 BEE QUEEN
その時の体の状態に合わせて
腰・ヒジ・ヒザと様々なベルトを使い分けています。
試合、練習、移動中など、様々なシーンで体が必要とするベルトを使用しています。自分の体のどこかに装着していますので、好きなときに取り付けや取り外しができ、また強度の調整ができるのは大変便利で、とても気に入ってます。