DESCENTE HISTORY

創造と挑戦
トップアスリートの輝かしい記録の裏にはウェア開発の進化があります。
イノベーションを求め、デサントが積み重ねてきたさまざまな挑戦。それは常に「創造と挑戦」の歴史でした。
常に時代の先にある物を創造し、求め、挑戦していく姿は今も脈々と受け継がれています。
トップアスリートの輝かしい記録の裏には
ウェア開発の進化があります。
イノベーションを求め、デサントが積み重ねてきたさまざまな挑戦。
それは常に「創造と挑戦」の歴史でした。
常に時代の先にある物を創造し、求め、挑戦していく姿は
今も脈々と受け継がれています。

ENTER

1930-1979
スキーと共に成長した黎明期
It All Began with Skiing
1935
石本商店設立
創業者 石本他家男
デサントの前身である石本商店を設立。
1953
ベースボールウェア用生地の開発
綿布に防縮加工を施し、ウールタッチに仕上げたクリーム色の野球ユニフォームやトレーニングパンツなどの開発に成功。折からの野球ブームに乗り、ヒット商品となりました。
デサントデザインセンター
1954
スキーウェアの開発に着手
西村一良 氏
デサントが初めて本格的にスキーウェアの開発に着手したのは1954年。当時、日本人初のプロスキーヤーでありスキーウェアについて色々なアイデアを持つ西村一良氏をアドバイザリーに招き入れ、本格的なスキーウェアの開発に向け、試行錯誤が始まります。これが、「専門家のアイデアを製品作りに生かすべき」というデサントのマーケティング戦略の根幹である「頂上作戦*1」の始まりでした。いいものを作るという開発体制は、この一切の妥協を許さない西村氏との開発を通して生まれたのです。
*1:頂上作戦:世界の一流選手にデサントのスキーウェアを着せてブランドを広め、製品についてアドバイスしてもらい製品を改良すること。
1957
RWSB ジャケット発表
Rain,Wind,Snowをbreakするということから名づけられた携帯用ウィンドブレーカー。折りたたんで袋の中にしまいこめるナイロン製のポータブルヤッケは当時大変画期的なものでした。デサントの実用新案商品第1号。
ラウスビージャケット
1961
デサントを商標登録。現ブランド『デサント』の誕生。
スキーの基本技術を意味する
フランス語 「滑降」の意味。ブランドロゴであるスピリットマークは、スキーの基本技術である「直滑降」「斜滑降」「横滑り」を表現。基本に忠実なものづくりをという思いを表現するとともに、つねに最も優れたものに目を向け、時代の要求を先取りし、積極的に製品化してゆく果敢なデサントスピッリットのシンボルです。現在のスピリットマークは1968年に採用。
1970
流体力学の権威、スイスのハンネス・ケラー氏、ハンス・ヘス氏との共同開発を開始。
流体力学をスポーツウェアの開発に取り入れ、当時他にない立体裁断のダウンヒルスーツ開発に成功。風洞テストを何度も行い、空気抵抗の原因となるシワの発生を極限に減らすという開発は、まさに時代の最先端。 100分の1秒単位のレースを、選手とともに戦う開発がスタート。
3D立体カットの採用
1972
輝流デザイン発表
輝流日本モデル
デサントは機能性の追求のみに留まらず、デザインの世界へも新しい流れを築きました。1972年の札幌オリンピック公式マーク製作者の永井一正氏にデザインを依頼し、「輝流」を作成。「輝流」とは”光” ”輝く” 流れの事。今日の「アクションライン」の前身となります。
1974
スキーパンツ「デモパン」発表
デモパンとはデモンストレーターパンツの意味。日本人の体型をカバー(足を長く見せる)し、ブーツに雪が入らない機能とシルエットを持たせた大ヒット商品。保温性と運動性能を両立させたパンツとして人気を獲得し、スキーパンツの代名詞となりました。
デモパン
1979
魔法のスーツ “マジックスーツ”発表
マジックスーツ
すばやい動きに追随するような立体裁断、ファスナー位置調整などによる運動性能の向上や、空気抵抗の低減などすべての開発を終結させたスキーレーシングスーツを発表。このスーツの性能は世界のトップレーサーが認め、「着用しなければ勝てないマジックスーツ」という神話となり、長いスキーの歴史の中でスーツがこれだけタイムに影響をするといわれた始めてのケースとなりました。その秘密はFIS(国際スキー連盟)が規定したルール(通気量)を極限で遵守し、かつ、空気抵抗を極限まで減らす為の素材開発やカッティング、デザインを徹底的に追求した開発力の成果でした。
1980-1999
偉大な記録を支えた技術革新
The Innovation-led Golden Age
1980
アメリカトップスケーター、エリックハイデンがデサントのスーツを着用し大活躍。
デサントの開発力はダウンヒルスーツの開発で得たエアロダイナミックスに関する開発技術を他の種目へも応用しました。レークプラシッドでは魔法のスーツ“マジックスーツ”で開発されたカッティング技術(縫い目をすべて体の後ろに集め、滑走時の空気抵抗ロスを少なくする)をスピードスケートのスーツにも生かしつつ、スケーティングポーズを研究し、動きを妨げず、全身への適度なコンプレッションによる被服圧で瞬発力の発揮とパワーロスを防ぐスーツを完成。ゴールドカラーのこのスーツを身にまとった「エリック・ハイデン選手」(アメリカ)は5種目完全制覇(パーフェクトゴールドメダリスト)の偉業を達成し世界を驚かせました。
エリック・ハイデン選手
1983
エベレスト登頂日本チームとのウェアを提供
高橋和之、通子ご夫妻が率いるカモシカ同人隊の厳冬期のエベレスト南ネパールサイドと北チョモランマ・中国サイドから同時登頂に挑戦する計画へデサントも参画。標高8,000メートルを越す厳冬期のエベレストでは体感気温がマイナス50度、風速は60メートルを越すといわれるジェット気流から隊員を守り登頂に成功する為に、スポーツ科学を駆使して開発されたクライミングスーツを開発。視認性の高い蛍光カラーで作ることで、ベースキャンプからも登頂隊の行動が視認でき安全確認に役立ちました。また、体感温度がマイナス50度を越す極寒の地であることから、世界最高級といわれる「ポーランドホワイトグースダウン」を採用。ワンピーススタイルにする事で、さらなる保温性を高めると共に、スムーズな運動性能を発揮させました。このクライミングスーツは「歩く寝袋」と呼ばれ、エベレストの登頂成功をもたらしました。
1986
サイクリングウェアの開発、中野浩一が世界選手権プロ・スプリント種目で10連覇を達成。
流体力学に基づく立体裁断や縫製技術ならびに素材開発などスキーの極限に挑んだ開発は、サイクリングというスポーツにおいても画期的なウェアを生み出しました。当時のサイクリングのウェアはいわゆるジャージーとパンツの組み合わせでしたが、デサントの開発ノウハウはそれを進化させ、サイクリングのワンピーススーツが誕生しました。世界自転車選手権 プロ・スプリント競技で、1977年から10連覇の偉業を成し遂げた競輪の中野浩一選手(日本)が着用していたスーツも「魔法のスーツ」から開発されたサイクルスーツです。他にも、ジャンプワンピース、ライダースーツ、など、エアロダイナミックスに挑戦する競技ウェアの開発が次々に行われ、その開発力はウィンターの世界に留まることはありませんでした。
中野浩一 氏
1988
蓄熱保温ソーラーαジャケット発表
Solar - α
太陽光を熱に変換する高機能蓄熱保温素材ソーラーαを使用したジャケットを開発。当時、太陽の光を吸収して、熱に換えるという「夢の繊維」をユニチカ社を開発パートナーに開発し「Solar-α」と名づけました。「Solar-α」は従来の保温のメカニズムを全く根底から覆すものです。従来のダウンボールや輻射熱による保温は、いかに暖められた空気を外に逃がさないか、つまり、「デッドエアー」をいかに逃がさず多く保つかという、消極的な保温方法でした。このSolar-αはソーラーシステムと同じく、太陽の光エネルギーを熱に転換し、しかも熱を繊維内部に蓄熱するという、従来の消極保温方式と全く異なる、積極保温方式によるソーラーシステム繊維でした。
1992
フランソワジルボーコラボレーションのスキーウェアコレクションを発表。「機能とフォルムの融合」
彼らのデザインの基本にある「服は単に外見を見せるためのものではなく、もっと内面的で快適なものであり、自分自身と一体化するものである」という考えは、デサントの製品開発と一致するものでした。 このコラボにより、デサントとマリテ&フランソワ・ジルボーは世界初のニット(編物素材で創り上げた)のスキーウェアを発表。細い繊維を高密度に編み上げたニット新素材はとても超軽量で、保温に優れ、独創性のあるフォルムはその後パリコレにも出展されました。
フランソワジルボーとのコラボレーション
1996
カナダスピードスケートナショナルチームオフィシャルサプライヤー契約締結
カナダスピードスケートナショナルチーム
カナダスピードスケーティングナショナルチームとは1984年にサプライが始まり、サラエボ大会ではゲータン・ボウシャーが金メダル2個と銅メダル1個をカナダの冬季男子個人種目として初めて獲得しました。そして1996年シーズンから再びサプライを再開し、更なるスーツの改良に務めることになります。翌年に開催された長野大会では、空気の流れに並行にシリコン製の突起を装着したスーツでチームが活躍しました。
1998
着る暖房システムモバイルサーモジャケット発表「スポーツとエレクトロニクスの融合」
世界のエレクトロニクスをリードする松下電器と共同開発を行い、触媒発熱技術を応用した世界で初めての発熱するウェア「モバイルサーモ」を作り上げたのです。「人類がはじめて出会う、ヒーティングシステムを備えたウォームウェア」とうたわれたモバイルサーモ。暖房器具を着るという発想。しかし、人が身につけるものであるため、安全で、それでいて軽く、人の動きを妨げるものであってはなりません。この点を解消するためのデサントならではの工夫と技術力から、モバイルサーモはうまれました。
モバイルサーモ
1999
JRA ジョッキー保護ベストを共同開発
第一世代ジョッキー保護ベスト
スポーツウェア開発技術を活かし、メッシュ素材で軽量かつ通気性に優れ、落馬時の衝撃を吸収するベストを開発。
2000-2009
革新のハイテクウェア
Locking in the High Tech / Design Heritage
2000
チタンサーモジャケット発表
チタンサーモ
チタンを特殊加工することで人体が放つ赤外線を吸収し、その熱エネルギーによって生まれた暖かい空気を衣服の中に蓄える素材「チタンサーモ」。非常に軽量でいて、温かいジャケットを開発。
2001
エクスプラスサーモジャケット発表
軽量ハイテクファブリックを採用し、衣服内環境の変化をコントロールする知性を持った頭脳繊維「エクスプラスサーモ」を採用したジャケットを開発。
エクスプラスサーモ
2002
「パワーオブデザイン」の発表
石岡瑛子氏デザイン「アスリート遺伝子」
世界中のステージで活躍され、その心に響くパワーを持つ石岡瑛子氏とデサントのコラボレーション。スポーツサイエンスの先端で研究開発を続けるデサントは、心に響くアートのパワーに着目。 アートにインスピレーションを受け、騒ぐ心、はやる気持ち、沸き立つ思いをウェアデザインに採用し、「アスリート遺伝子」発表。このアートの持つ未知のパワーとの出会いから、他を圧倒するインパクトを持つウェアが誕生しました。
2004
KOUNOEベルト発表
骨盤や関節が正しく機能するとき、本来の身体の運動ポテンシャルを引き出せるというコンセプトのもと、スポーツトレーナー鴻江寿冶氏と骨盤のずれを軽減し、身体のバランスを整えるコウノエベルトを共同開発。
KOUNOEベルト
2004
フォレストレンジャー発表
チェンソー防護衣「フォレストレンジャー」
多層構造の繊維と高強力フェルト層が、接触時のけがを軽減するチェーンソー防護衣「フォレストレンジャー」を開発。
2006
コズミックサーモジャケット発表
スペースシャトルでも採用される高度な断熱機能を採用し、優れた保温性を持つコズミックサーモを開発。
コズミックサーモジャケット
2007
高機能ソックストータルフィットソックス発表
トータルフィットソックス
日本人の足の形状にフィットする立体構造を持ち、母趾球・小趾球・アーチ(土踏まず)・踵を包み込むようにサポートし、フィット感をキープ滑り止め編みによるグリップ性と安定性の高い高機能ソックスを開発。
2007
国際バレーボール連盟 FIVB
オフィシャルサプライヤー契約締結。
日本ビーチバレー連盟および国際バレーボール連盟(FIVB)とのオフィシャルサプライ契約締結。SWATCH-FIVB BEACH VOLLEYBALL WORLD TOURに参加する選手や審判員らにユニホームを提供。
SWATCH-FIVB BEACH VOLLEYBALL WORLD TOUR
2007
消防防火服発表
消防防火服
消防士が着用する消防防火服を開発。防燃性・防水性はもとより、救助時に動きやすい独自裁断を採用。
2008
画期的ダウン、水沢ダウン発表
熱圧着による新加工技術(ノンキルト加工)によるダウンジャケットを開発。ダウン抜け防止の新仕様(縫製と熱圧着)とともに、防水・透湿機能に優れた素材を用いウェア内の快適性を保持。生産工場の水沢工場が由来。
水沢ダウン
2009
アートフレックス発表
アートフレックス
適度な着圧を無縫製により配置した高機能インナーウェア「アートフレックス」を開発。運動時に、身体の各部位で異なる筋肉の動きに応じて着圧を加え、選手の動きを効率的にサポート。
2010-2016
新時代の象徴"ALLTERRAIN”
ALLTERRAIN Heralds a New Era
2010
エナジーリターン E-liner発表
E-linerコンプレッションタイプ
アスリートのエネルギーを効果的に引き出すため、適度な着圧による疲労軽減および姿勢をサポートする「デサントe-liner」を開発。バンクーバーオリンピックで、スイススキーアルペンナショナルチーム、カナダスピードスケートチーム、カナダスキークロスナショナルチームが採用。
2011
ACXEL発表
瞬発力向上をアシストするコンプレッションギア、「アクセル」を開発。出力アップと反応速度アップにつながる理想的な羽状筋・腱の状態を、強いコンプレッションでサポートすることにより、「瞬発力」向上を狙います。
ACXEL
2011
ALLTERRAIN発表
ALLTERRAIN発表
常に最新技術の応用に挑み、未来的で革新的なモノづくりを追求する、『デサント』の新カテゴリー。着用シーンを選ばず、全ての人に向けて発信するスポーツウェアの新しいスタイルを提案。
2011
タフポロ発表
常に最新技術の応用に挑み、未来的で革新的なモノづくりを追求する、『デサント』の新カテゴリー。着用シーンを選ばず、全ての人に向けて発信するスポーツウェアの新しいスタイルを提案。
タフポロ
2012
Genome発表
Genomeコンプレッションウェア
速く、長く走ることを追究した次世代ランニング用コンプレッションウェアの開発。ゲノムを構成するDNAらせん構造をイメージさせる二つの機能ラインが疲労による体幹のぶれ、キック力の低下を軽減。
2013
オルテライントランスフォームジャケットがISPO アワード受賞
世界最大規模のスポーツ用品の国際展示会ISPOにおいて、オルテラインコレクションからトランスフォームジャケットが、 ISPOアワード「パフォーマンス部門アパレルカテゴリー」において最優秀賞である金賞を受賞。また、同じく水沢ダウンマウンテニア、W-モーションフーデットジャケットが同カテゴリーISPOアワードを受賞。ISPOアワードとは、商品のコンセプト、デザイン、技術、環境への配慮などの項目で厳正な審査のもと、優れた製品に授与される名誉ある賞です。
トランスフォームジャケット
2015
S.I.O.コンセプトスキージャケット、パンツ発表
S.I.O.コンセプト
従来のウェアとは一線を画す制作思想で、スポーツシーンに合わせた理想的なスタイルを提案するS.I.O.コンセプト。スキーシーンでの身体の動きを多角的に解析し、理想的な運動性、快適性、スタイルを提供するための型紙制作や、素材の選択など、緻密な設計により実現した画期的なパフォーマンスウェア。
2016
水沢ダウンパンツ、S.I.O.シームレスシャツ発表
2008年に発表をした水沢ダウンジャケットに続き、同コンセプトを用いた水沢ダウンパンツを発表し、2016年ISPOにおいて優秀な作品に贈られるISPOアワードを受賞。また、デサントの得意とするパターンメイキングのノウハウを存分に活かし縫い目を極力減らすことで着用時の快適性、運動性を高めたS.I.O.シームレスシャツ、BOA ユニフィットパンツも同賞を受賞。
S.I.O.シームレスシャツ
2018
“世界一、速いウェアを創る”
スポーツアパレルの研究開発拠点「DISC」を
大阪府・茨木市に開発
DISC OSAKA
「DISC」のコンセプトは“世界一、速いウェアを創る”です。「速い」という言葉には、競技で勝つための「スピード」を追求したウェアや、グローバルマーケットで他社に「先駆ける」ウェアを開発する拠点にしたいという想いを込めています。
2018
シューズの研究開発拠点「DISC BUSAN」を韓国・釜山に開発
「DISC BUSAN」は、“Innovate For Your Best”というコンセプトのもと、科学的な実験と研究開発により、製品開発の中核になる新たな技術とランニングシューズを中心としたハイパフォーマンスシューズとしての信頼性を構築し、グローバル競争力を備えたシューズ開発の実現を目指す。
DISC BUSAN
2019
ISPOにおいて3年連続でISPOアワードの金賞受賞
水沢ダウンジャケットヴァリアント
デサントブランドがグローバルで展開する「水沢ダウンジャケットヴァリアント」でISPOアワードで金賞を受賞し、3年連続の金賞を受賞、「水沢ダウン」としては3度目の受賞となります。
design that moves
Descente is forever striving to become the brand
that can give all serious competitors everything
they ask for to ensure success in their chosen field.

HISTORY AGAIN